検索
  • Takuma Higashibeppu

追加書類や補正書類の提出がメールで送付できるようになる。(東京都)

 建設業許可の申請をした後で、補正書類や追加で確認資料の送付が必要になることがあります。今までは電話・FAXで連絡し提出となっていましたがこちらの受付方法が変更になるようです。


変更後の10/30からは


原本の提出が必要ない補正書類や追加書類について原則として


電子メールによる提出を可能になる



とのことです。


送付先

S0000167@section.metro.tokyo.jp 【発信者:都市整備局市街地建築部建設業課】


開始時期

令和2年10月30日金曜日より


あくまで原本の提出が必要ないものが対象

①新規申請、追加申請、般・特新規申請

②許可要件ん以係る変更届(経管・専技など)

③①②を伴う更新申請

④経営事項審査事務


が対象とのことです。「更新申請」や「経管・専技以外の変更届」については体制が整い次第開始予定で、上記とは別のアドレスに送付する流れとなりそうです。



メール対応が難しい時は引き続きFAXでの追加書類提出も可能とのことです。

最新記事

すべて表示

正本や副本、写しの必要書類部数について

建設業許可を申請する際に、申請書や確認書類を一つにまとめた正本を一部用意しなければなりません。そしてその正本のコピーをしたものも提出する必要があります。 ご参考にください。 国土交通大臣許可を申請する場合 正本1部+写し3部 (正本をコピーして「写し」を3つ分作る) ↓↓ 正本が1部というのはもちろん申請の為 写し3部は 都道府県の申請用(1部) 申請者の控え(1部) 営業所のある都道府県のへの提

登録免許税・許可手数料の納付はどこで支払うか(建設業許可)

建設業許可を取得する際、登録免許税や許可手数料の費用が必要になってきます。これは行政書士に申請代行を依頼する料金とは別のものでご自身で手続きを行ったとしても必ず発生する費用ですので覚えておきましょう。 以下、納付方法を記します。 登録免許税の納付方法 登録免許税の納付方法は、現金で 直接地方整備局の所在地を管轄する税務署 日本銀行 国税の収納を行う日本銀行歳入代理店 又は郵便欲 などをとおして管轄